行政事務分科会 スペシャル企画

mainimage

デジタル社会実現に向け行政事務分野で「トークン化預金」ができることとは?

デジタル通貨フォーラム 行政事務分科会の発足以来3年が経過し、2022年3月に子育てクーポン、2023年3月には事業者向け補助金に係るPOCを実施しました。一方この間、地方税統一QRコードによる税納付や行政手続きのオンライン化等行政DXも着実に進捗しています。 デジタル庁・総務省主導の下進められているデジタル社会実現に向け、行政事務分野でトークン化預金ができることは何か、パネルディスカッションを通じデジタル通貨フォーラム参加企業・団体の皆様と共に考えます。
行政DXに関心ある企業は勿論のこと、広くデジタル通貨活用をお考えの企業の皆様の積極的なご参加を歓迎します。

プログラム

第1部 行政事務分科会 活動報告

第2部 パネルディスカッション

デジタル社会実現に向け行政事務分野で
「トークン化預金」ができることとは?

テーマ①行政事務効率化やEBPMについてトークン化預金が出来ること

給付や納付等公金取扱いに係る行政事務の効率化、並びにEBPM・施策効果検証の観点からの「トークン化預金」の活用についてパネリストの方々とディスカッションを行います。

テーマ②デジタル社会実現に向け行政事務分野でトークン化預金ができること

デジタル庁・総務省が進める行政DX・デジタルガバメントの流れを「トークン化預金」から見た時、どのような未来が描けるか、そのために何が必要かをパネリストの方々とディスカッションを行います。

ディスカッション一巡後、参加者の皆様からのご発言や質疑応答の時間を設けます。

第3部 名刺交換

参加者同士で名刺交換をしながら懇親を深めていただけます。

パネリスト

開催概要

日程   : 2024年7月26日(金)16:00~18:00 (開場 15:30)
会場   : 飯田橋グラン・ブルーム13階(JR飯田橋駅から徒歩1分)
参加人数 : 100名限定(デジタル通貨フォーラムご参加企業に限ります)
参加費  : 無料
申込方法 : お申し込みフォームより
申込締切 : 2024年7月23日(火)17:00

補足事項
  • 席に限りがございますので、各社2名まででご参加でお願いいたします。
    (2名以上をご希望の場合は事務局までご連絡ください。)
  • 原則、対面開催となっておりますが、オンライン(Zoom)での参加をご希望の方は事務局までご連絡ください。

top